ラーメン店でカレーを置いてはいけない!

先日、タケノコをもらいました。

もちろん、生です。
まだ、土がついています。

米のとぎ汁と鷹の爪で2時間ほど茹でました。

一晩そのまま冷まし翌日に周りの硬い皮をむきました。
姫皮は若布と一緒にお吸いものにし
タケノコ本体は食べやすい大きさに切り
煮物にしました。

それを食べたスタッフが美味しいと言って
くれましました。

しかし、気になる事も言いました。

「こんなに美味しいのだから
お店で出したら良いじゃいですか!」

あなたはどう思いますか?

ラーメン屋でタケノコの煮物ですよ!

あり得ないですよね。

しかし
以前私は似たような事をしてました。

じつは、豚の角煮を出していました。

ラーメンだけでなく
他のメニューがあれば
それを求めてお客さんが
来てくれると思ったんです。

角煮だけではありません。

やさい炒め、カレーライス、、、

もう何屋なんだからわからない状態です。

今は置いていません。

ラーメンと餃子のみです。

こんな話を聞いてあなたの店はどうなってますか?

焼き鳥屋なのに刺身があったり

10割蕎麦がウリなのに焼き鳥や鰻、
卵焼きまであるなんて店になってませんか?

似たようなことをやっちゃってる店は
結構多いですよ。

しかし
一方でメニューを絞ってる成功している店があります。

今流行ってる食パン専門店を知っていますか?

一本堂
無題
半端無いパン屋
とちょっと変わった名前の食パン専門店です。

食パンしか売ってません。

しかし行列を作っています。

メニューを絞ることで特徴のある店になっています。

これからの時代は
メニューを絞り特徴を出した方が
売れていくようです。

それでは今日も頑張ってください

売上は行動量です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です